~乗っ取られたアカウント~

Twitterのアカウントが乗っ取られた先月の終わり。

腹が立つので、四苦八苦しながら操作したら、自分のタイムライン上から怪しい呟きは姿を消した。

 

怪しいURLには触れてはいけない・むやみに連携認証してはならない、という教訓。

 

にしても、乗っ取って何をしようとしているのか本当に不思議だ。

 

~ねぶた祭~

f:id:chage19790825aska:20170501223106j:plain


東北三大祭りの一つ『ねぶた祭』。

ずっと生で見てみたかった、この祭りを東北六魂祭が地元であったときに見たのだが、本当に見て良かったと思える祭だった。

 

私は、竿燈が秋田を代表する祭とされているのが不思議でならないくらい竿燈に魅力を感じない。あれをわざわざ、全国から見に来る人達がいるけれど、竿燈なんか見るより〈ねぶた祭〉を見に行く方が、絶対にいいと思う。

 

私が見たのは昼なので、いつか灯りの付いた〈ねぶた祭〉を見に行きたい。

 

 

 

~塗り絵~

最近、塗り絵のアプリを始めた。

塗り絵といえば、子どもの遊びだが、今では大人もハマる遊びになった。

単純に色づけするものもあれば、色が隣り合わないように完成させるパズル形式のものなど、多種多様。

暇つぶしに最適。

ゲームもいいが、たまにはこういうアプリも面白い。

ただ、細かい模様は根気が要るので、休み休みやらないと、目が疲れる。

さて、次はどれを塗るか。

 

~2時間ドラマ~

毎週楽しみにしていた土曜日の夜9時。

4月から、その枠が2時間ドラマでは無くなった。

わざわざ、日曜日の朝にドラマ枠を移し再放送するくらいなら、そのまま変わらずに土曜日の夜9時から2時間ドラマを放送して欲しかった。

 

おかしな刑事、法医学教室、朝日奈検事………。名作揃いだった土曜ワイド劇場。

次の改変で戻って来て欲しいなと思ってしまう。

~何者?何が目的だ?~

何回か前のブログでセキュリティについて触れたが、実は今、Twitterのアカウントが乗っ取られているようで、変なツイに気づいたら消している状態。

とあるフォロワーさんの粒から入ったサイトで連携してしまったのが原因のようだ。しかし、その粒自体が乗っ取られていたものだから、フォロワーさんに罪は無い。

他のフォロワーの方でも乗っ取られているようなツイが見受けられる。

いったい、何が目的なのか。

いったい何者がこういうことをしているのか。

いつまで、不信な呟きが続くのか。

ほっとけば、そんな呟きはされなくなるのか。

パスワードを変えたり、アカウントを変えたものの、改善は見られない。

とりあえず、もう少し様子を見てみるか。

 

~登山をなめるな~

こういうタイトルを付けてはいるものの、私は登山をしたことはない。

そんな私だけど、山をなめちゃいけないことくらいはわかる。

毎年必ず、遭難者が出る。山に登ったことの無い私からしたら、登山初心者は自分でも登れる気になって、山をなめてるんだろうし、経験者やベテランはその慣れに自意識過剰で山をなめてるつもりは無くても、結果的になめてたことになる。

山の天気は変わりやすいというように、何が起こるかわからない場所だ。

そんな場所に好きで入って行って、遭難して捜索隊を出動させる迷惑な行為。

山には神様がいるとされている。その山に入る時は、神様へひと言断りを入れてから入るべきだと思う。それがまず初めの山に対しての礼儀では無いだろうか。

こういう事を言うと宗教的だと思われるかもしれないが、山は昔から霊験あらたかな場所とされているのだから、土足で踏み込むにはそれなりの礼儀は必要だと思う。

また、登山者は頂上を目指して登っていく。

しかし、本来、頂上と云われる山の1番高い場所は、その山の神がいる場所なので、人間が立ってはいけない場所だと聞いたことがある。

そういう礼儀も登山者なら、持ち合わせた方が良いと思う。

~テレビ番組 特にバラエティ~

私にとって、テレビは無くてはならない存在。

バラエティ、ドラマ、ニュース……色んなジャンルで、情報を得ている。

 

テレビ局がいつの頃からか、おかしな方へ行き始めた。

例えば、サスペンスドラマに付きものの殺人事件で映し出される死体から流血が消えたことがある。理由は、〈残酷〉だと聞いた記憶がある。

ところがそんなことがあったもんだから、その時に起きた実際の事件で犯人が『血が赤いものだとは思わなかった』とか言ったのがいたらしい。

かと思えば、オムツのCMで青い液体で吸収力を見せているために、子どもの尿が青くないから病気なのでは無いかと、病院に駆けつけたバカな親もいたとか。

 

そしてバラエティも、〈コンプライアンス〉がどうので、際どいコントやバラエティが消えてしまった。ようは、苦情を恐れて安全策を取ったのだ。

いまだに裸は好ましくないとか言って騒ぎ立てる人達がいる。

苦情には、〈イジメに繋がる〉というふざけたものもある。

イジメに繋げるのは、頭の悪いというか、それが流れだったり、作られた世界だという事が認識できないだけのことで、それを親がどういう風に一緒に見ているかだと思う。

大人たちが、〈イジメに繋がる〉と騒ぎ立てるから、逆になんの考えもしようとしない、バカな子どもが鵜呑みにしてしまうんだと思う。

親が普通に、一緒に笑い合ったり話したりしていれば〈イジメに繋がる〉発想などは起きないと思う。

だったら、はなからバラエティは見るなと言いたい。

 

深夜番組をわざわざゴールデンに上げて死滅させたのがフジテレビだ。

ゴールデンにあがれば、演者のギャラも上がるし制作費も増えるから、演者も制作側も嬉しいに決まっている。

しかし、結果的に、ゴールデンに上がるということは〈コンプライアンス〉を気にしてファミリー層におべっかを使い、それまでとはまったく違う路線に変えて、冒険をしなくなり、つまらなくしてしまうということに気づけていなかったのだ。

深夜で見ていた内容だから付いていたファンを見捨てたと言ってもいい。

 

〈イジメに繋がる〉と言っている人達が、テレビ局制作側や演者のやりたいことをさせないという〈イジメ〉をしていると思う。

 

BPOやPTAに屈しない番組を是非作って欲しい今日この頃。