読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~テレビ番組 特にバラエティ~

私にとって、テレビは無くてはならない存在。

バラエティ、ドラマ、ニュース……色んなジャンルで、情報を得ている。

 

テレビ局がいつの頃からか、おかしな方へ行き始めた。

例えば、サスペンスドラマに付きものの殺人事件で映し出される死体から流血が消えたことがある。理由は、〈残酷〉だと聞いた記憶がある。

ところがそんなことがあったもんだから、その時に起きた実際の事件で犯人が『血が赤いものだとは思わなかった』とか言ったのがいたらしい。

かと思えば、オムツのCMで青い液体で吸収力を見せているために、子どもの尿が青くないから病気なのでは無いかと、病院に駆けつけたバカな親もいたとか。

 

そしてバラエティも、〈コンプライアンス〉がどうので、際どいコントやバラエティが消えてしまった。ようは、苦情を恐れて安全策を取ったのだ。

いまだに裸は好ましくないとか言って騒ぎ立てる人達がいる。

苦情には、〈イジメに繋がる〉というふざけたものもある。

イジメに繋げるのは、頭の悪いというか、それが流れだったり、作られた世界だという事が認識できないだけのことで、それを親がどういう風に一緒に見ているかだと思う。

大人たちが、〈イジメに繋がる〉と騒ぎ立てるから、逆になんの考えもしようとしない、バカな子どもが鵜呑みにしてしまうんだと思う。

親が普通に、一緒に笑い合ったり話したりしていれば〈イジメに繋がる〉発想などは起きないと思う。

だったら、はなからバラエティは見るなと言いたい。

 

深夜番組をわざわざゴールデンに上げて死滅させたのがフジテレビだ。

ゴールデンにあがれば、演者のギャラも上がるし制作費も増えるから、演者も制作側も嬉しいに決まっている。

しかし、結果的に、ゴールデンに上がるということは〈コンプライアンス〉を気にしてファミリー層におべっかを使い、それまでとはまったく違う路線に変えて、冒険をしなくなり、つまらなくしてしまうということに気づけていなかったのだ。

深夜で見ていた内容だから付いていたファンを見捨てたと言ってもいい。

 

〈イジメに繋がる〉と言っている人達が、テレビ局制作側や演者のやりたいことをさせないという〈イジメ〉をしていると思う。

 

BPOやPTAに屈しない番組を是非作って欲しい今日この頃。